自社でポリ袋印刷する場合

紙袋の印刷方法としてまず挙げられるのが、紙袋を自社ですべて印刷するといった方法です。手軽さや費用面から自社印刷するところも多いようです。ここでは、自社で印刷した場合のメリットとデメリット、そして大まかな費用について紹介しますので、参考にしてみてください。

自社印刷の場合のメリット

ポリ袋の印刷を自社で行う最大のメリットは自由度の高さです。印刷前のポリ袋の在庫を用意しておき、印刷用に必要な機械を一通り揃えて使える状態にしておけばいつでも好きな枚数のポリ袋を印刷できます。外注の…

自社印刷の場合のデメリット

ポリ袋の自社印刷をする場合には、外注と比べて費用の節約をしやすいものの、印刷機器などの設備が限られてしまうため、新しいデザインのポリ袋を生産しにくいといったデメリットもあります。特に、ポリ袋の素材…

ポリ袋の印刷の費用を安く抑えるコツ

ポリ袋の印刷にかかる費用を節約するには一度に大量の枚数をまとめて注文するのが最適な方法です。また、送料無料などのサービスを扱う業者を選ぶなど、業者ごとの特色を把握して比較するのも大切な工夫になります。

自社印刷の場合の費用

変化を見せるポリ袋!宣伝効果も抜群

ポリ袋といえば、毎日の生活にとって必要不可欠なものといえるのではないでしょうか。食料品や日用品などの購入の際には持ち運びに便利なものです。毎日何気なく使っているポリ袋ですが、その印刷のデザインや見た目について興味関心を持ったことがある人もいるかもしれません。ポリ袋の果たす役割は、ただ単に購入したさまざまな商品を運ぶだけではなく、その店舗やサービスの宣伝効果があることも事実です。店舗がポリ袋の印刷にこだわるのも十分に理解できることでしょう。「ポリ袋を持って街中や商店街を歩く」という人がいるだけでも、そのこと自体に効果があるといえます。以前に比べてポリ袋がオシャレになっているという声も頻繁に聞こえてくるようになりました。

コスト削減が叶う!自社印刷

「ポリ袋を自社で作るとメリットがあるの?」という人もいるでしょう。全ての会社や店舗ができるというわけではありませんが、印刷のスキルやテクニックを持っていれば、それも可能です。ポリ袋は大別した場合、HDPEタイプとLDPEタイプの2つのタイプがあり、それぞれのユーザーが使い分けています。HDPEはコンビニやスーパーなどで好んで使われる一般的なタイプであり、LDPEの方が少し厚みを持っています。衣料品店などで良く見かけることになるのではないでしょうか。自社でポリ袋を印刷することができれば、全体のコストを削減することも可能です。店舗運営のためにかかる費用を少しでも抑制したいと考える経営者にとっては、歓迎すべきことかもしれません。

外注でポリ袋印刷する場合

もう一つの方法は専門業者へ印刷を外注するといった方法です。スキルのある専門業者へ外注することで、より上質な仕上がりができるという点が支持されています。ここでは外注する場合のメリットやデメリット、そして費用について紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

外注印刷の場合のメリット

外注印刷の場合のデメリット

外注印刷の場合の費用

© Copyright Plastic Bag Manufacturers. All Rights Reserved.