自社印刷の場合のメリット

必要時にすぐに印刷できる

ポリ袋の印刷を自社で行う最大のメリットは自由度の高さです。印刷前のポリ袋の在庫を用意しておき、印刷用に必要な機械を一通り揃えて使える状態にしておけばいつでも好きな枚数のポリ袋を印刷できます。外注のためにコストをかける必要もありません。印刷前のポリ袋を業者から取り寄せるときにも、早い業者であれば即日で届けてくれるので大量の在庫を抱える必要がないのも魅力でしょう。ストックのためのスペースも用意しなくて大丈夫なので、事業所をコンパクトにまとめることができます。気軽に誰でも印刷できるシステムを整えておけば従業員がそれぞれ自分で使う分だけ印刷するといった仕組みにすることもでき、無駄をなくすことができるのもメリットです。

柔軟に内容を変更できる

ポリ袋のデザインはいつまでも同じものを使い続けるというわけではないでしょう。自社印刷をする場合にはデザインを頻繁に変えるのも簡単です。毎月違うデザインのものにしたり、商品に応じてポリ袋のデザインを変えたりするのも気軽にできるでしょう。また、自社印刷の場合には小ロットで印刷できるので使わずに廃棄してしまうポリ袋も最小数に抑えることができます。柔軟に色々なデザインのポリ袋を用意して使えるようにしたいという現場ではうってつけの方法です。一枚から印刷できるため、店頭に置けば名入れのポリ袋をすぐに作って提供するといったサービスも可能でしょう。使い方の自由度が高いので発想次第で魅力的なサービスを展開できます。

ポリ袋にデザインや色などを印刷したものです。様々な形に加工することもできるため、自分好みのオリジナルポリ袋を作ることができます

© Copyright Plastic Bag Manufacturers. All Rights Reserved.