外注印刷の場合の費用

大量発注をすると単価が安くなる業者が多い

ポリ袋の印刷を外注する場合には、業者によって同じデザインのものを大量発注することで、単価が安くなることがあります。そのため、ポリ袋の製作コストをなるべく節約するうえで、過去に多くの印刷の実績がある業者の料金表を確認してみましょう。最近では、一枚あたり数十円から製作ができる専門業者も増えており、良心的な業者に一通りの対応を任せることで、過去に依頼をしたことが無い人も、コストを最小限にすることが可能です。なお、色や文字、図柄などデザインに凝ったポリ袋を製作する際には、追加で料金が発生することがあります。そこで、早い時期に複数の評判が良い業者に見積もりを出してもらい、総額の費用を比較することがおすすめです。

無地のポリ袋なら注文をした当日に発送してもらうこともでる

透明や半透明の無地のポリ袋は、ネット上で注文をした当日に発送をしてくれる業者もたくさんあり、ビジネスから日常生活まで色々な目的で依頼をすることができます。また、シンプルなポリ袋は納期が短いだけでなく、千枚を超える発注にも対応してもらえるといったメリットもあります。最近では、製作可能なポリ袋の種類について、法人や一般の消費者に向けて写真付きで公開している業者もあります。そこで、業者選びに悩んでいるときには、人気のある業者の即日発送ができるポリ袋の種類をじっくりと調べてみましょう。その他、ポリ袋の素材や色合いについて確認するため、制作を依頼する前にいくつかの業者にサンプル品を請求するのも良いでしょう。

オリジナルのポリ袋は、スーパーなどのレジ袋形式のものから、企業などがカタログを配布するために使用する持ちてが楕円形のビニール袋などがあります。企業名等の印字が可能で販促活動にも利用されます。

© Copyright Plastic Bag Manufacturers. All Rights Reserved.